会社法のすべて
ESOPと買収防衛策

2005年7月1日

制度調査部  横山 淳 

サマリー

◆ ESOP とは、従業員自身が勤務する会社の株式に対する投資を主な目的とする米国の退職給付制度である。

◆ 昨今のM&A に対する関心の高まりを背景に、ESOPを買収防衛策として活用できないかという意見をよく耳にする。

◆ しかし、ESOP は退職給付制度として受託者責任が課せられる以上、一部で期待されているような絶対的な安定株主の役割を期待するべきではないだろう。

レポートをダウンロードする

お気に入りへ登録

この記事を「お気に入りレポート」に登録しておくことができます。

このレポートのURLを転送する

  • @

お問い合わせ

PDFファイルの閲覧にはAdobe® Reader®新しいウィンドウで開きますが必要となります。お持ちでない方は、アドビ システムズのウェブサイトから無償ダウンロードができます。
なお、Adobe® Reader®のインストール方法は、アドビ システムズ ウェブサイト新しいウィンドウで開きますをご覧ください。

Get Adobe® Reader®

リサーチ