会社法のすべて
新株発行の効力発生日は「払込期日」に

2004年11月29日

制度調査部  横山 淳

サマリー

◆ 2004年6月に株券不発行制度に関する法改正が行われ、10月1日以降、未公開会社については株券のペーパーレス化が可能となっている。
◆ この法改正では、株券不発行制度以外にも商法の改正が行われており、その一つに新株発行の効力発生時期の改正がある。
◆ 2004年10月1日以降は、新株発行は払込期日(従来は払込期日の翌日)に効力が発生し、株式の譲渡等が可能となる。

レポートをダウンロードする

お気に入りへ登録

この記事を「お気に入りレポート」に登録しておくことができます。

このレポートのURLを転送する

  • @

お問い合わせ

PDFファイルの閲覧にはAdobe® Reader®新しいウィンドウで開きますが必要となります。お持ちでない方は、アドビ システムズのウェブサイトから無償ダウンロードができます。
なお、Adobe® Reader®のインストール方法は、アドビ システムズ ウェブサイト新しいウィンドウで開きますをご覧ください。

Get Adobe® Reader®

リサーチ