企業会計最前線
持分法の適用に関する会計方針の統一(正式公表)

持分法適用披投資会社の会計方針、投資会社のそれと「原則として統一」へ

サマリー

◆企業会計基準委員会は、2008年3月10日付にて、企業会計基準第16号「持分法に関する会計基準」及び実務対応報告第24号「持分法適用関連会社の会計処理に関する当面の取扱い」を公表した。

◆会計基準では、(主として連結)財務諸表上、持分法が適用される披投資会社(非連結子会社及び関連会社)の会計処理の原則及び手続きに関して、投資会社のそれと「原則として統一することが望ましい」としている現行の取扱いを、「原則して統一する」ものとしている。

◆また、実務対応報告では、会計基準を適用することにより生ずる実務上の負担を考慮した「当面の取扱い」を定めている。

◆会計基準等は、原則として、2010年4月1日以後開始する連結会計年度及び事業年度から適用する。

お気に入りへ登録

この記事を「お気に入りレポート」に登録しておくことができます。

このレポートのURLを転送する

  • @

お問い合わせ

PDFファイルの閲覧にはAdobe® Reader®新しいウィンドウで開きますが必要となります。お持ちでない方は、アドビ システムズのウェブサイトから無償ダウンロードができます。
なお、Adobe® Reader®のインストール方法は、アドビ システムズ ウェブサイト新しいウィンドウで開きますをご覧ください。

Get Adobe® Reader®

リサーチ