企業会計最前線
投資不動産(賃貸等不動産)の時価開示(注記)

企業会計基準委員会、投資不動産他の時価開示(注記)の検討へ

サマリー

◆企業会計基準委員会は現在、「投資不動産専門委員会」にて、「投資不動産(賃貸等不動産)の時価開示(注記)」について検討している。

◆「賃貸等不動産」とは、賃貸収益若しくはキャピタル・ゲインの獲得又はその両方を目的として保有されている不動産(ファイナンス・リース取引の貸手における不動産を除く)をいう。貸借対照表において「投資不動産」(投資の目的で所有する土地、建物その他の不動産)として区分されている不動産は、「賃貸等不動産」に含まれる。

◆「投資不動産(賃貸等不動産)の時価開示(注記)」は、国際会計基準審議会(IASB)との会計基準の収斂(コンバージェンス)の一環である。

◆本稿では、本件の経緯及び検討の方向性について、簡潔に解説するものとする。

お気に入りへ登録

この記事を「お気に入りレポート」に登録しておくことができます。

このレポートのURLを転送する

  • @

お問い合わせ

PDFファイルの閲覧にはAdobe® Reader®新しいウィンドウで開きますが必要となります。お持ちでない方は、アドビ システムズのウェブサイトから無償ダウンロードができます。
なお、Adobe® Reader®のインストール方法は、アドビ システムズ ウェブサイト新しいウィンドウで開きますをご覧ください。

Get Adobe® Reader®

リサーチ