企業会計最前線
三角合併の会計処理<確定版>

ASBJ、「企業結合会計基準及び事業分離等会計基準に関する適用指針」を公表

2007年11月22日

制度調査部 鳥毛 拓馬

サマリー

◆2007年11月15日、企業会計基準委員会は(ASBJ)は、改正企業会計基準適用指針第10号「企業結合会計基準及び事業分離等会計基準に関する適用指針」を公表した。

◆今回の公表は、いわゆる三角合併などについて、これまで明らかにされていなかった当該企業結合が取得に該当しない場合の会計処理について明らかにするものである。従来の規定では取得に該当するときの会計処理を定めているに過ぎなかったため、三角合併がグループ内再編に用いられたときの対応が求められていた。

◆本稿では、企業結合会計の概要、三角合併の会計処理について触れた上で、共通支配下の取引と判定される場合の会計処理について概説する。

レポートをダウンロードする

お気に入りへ登録

この記事を「お気に入りレポート」に登録しておくことができます。

このレポートのURLを転送する

  • @

お問い合わせ

PDFファイルの閲覧にはAdobe® Reader®新しいウィンドウで開きますが必要となります。お持ちでない方は、アドビ システムズのウェブサイトから無償ダウンロードができます。
なお、Adobe® Reader®のインストール方法は、アドビ システムズ ウェブサイト新しいウィンドウで開きますをご覧ください。

Get Adobe® Reader®

リサーチ