企業会計最前線
米国の買収「のれん」の会計

「無形資産」の区分を義務付け

2005年6月30日

制度調査部  吉井 一洋

サマリー

◆ ASBJ(企業会計基準委員会)は、2005年6月10日に、参考人を招いて、合併等の企業結合における「のれん」の会計処理についてヒアリングを行った。

◆ 参考人は、企業結合会計基準の「のれん」の処理が適用されると、わが国の企業がM&A を行う際に米国企業などに比べて不利と主張し、米国基準やIFRS(国際財務報告基準)のように「のれん」を償却しないこととするか、あるいは一括償却を認めるよう要望を行った。

◆ 参考人の意見を検討する中で、ASBJ の委員からは、米国基準では企業結合の際に「無形資産」を「のれん」と区分するよう義務付けられており、企業にとって日本基準よりも有利とは言えない旨が強調された。

◆ そこで、本レポートでは、米国の企業結合における「のれん」の処理について、特に「無形資産」の区分を中心にとりまとめる。

レポートをダウンロードする

お気に入りへ登録

この記事を「お気に入りレポート」に登録しておくことができます。

このレポートのURLを転送する

  • @

お問い合わせ

PDFファイルの閲覧にはAdobe® Reader®新しいウィンドウで開きますが必要となります。お持ちでない方は、アドビ システムズのウェブサイトから無償ダウンロードができます。
なお、Adobe® Reader®のインストール方法は、アドビ システムズ ウェブサイト新しいウィンドウで開きますをご覧ください。

Get Adobe® Reader®

リサーチ