企業会計最前線
新有価証券の会計処理

投資事業有限責任組合等の取扱い

2005年3月9日

制度調査部  吉井 一洋

サマリー

◆ 2004年6月の証券取引法改正により、投資事業有限責任組合等への出資が、2005年12月1日から証券取引法上の「有価証券」として取り扱うことになった。

◆ これに伴い、会計処理においても、当該出資は、組合等の持分相当額を「出資金」ではなく、「有価証券」として表示することになった。

◆ 当該出資について、原則として、組合等の純資産や純損益の持分相当額を、出資者において計上する点や、組合等に金融資産が含まれている場合は時価評価する点などは、変わりはない。

レポートをダウンロードする

お気に入りへ登録

この記事を「お気に入りレポート」に登録しておくことができます。

このレポートのURLを転送する

  • @

お問い合わせ

PDFファイルの閲覧にはAdobe® Reader®新しいウィンドウで開きますが必要となります。お持ちでない方は、アドビ システムズのウェブサイトから無償ダウンロードができます。
なお、Adobe® Reader®のインストール方法は、アドビ システムズ ウェブサイト新しいウィンドウで開きますをご覧ください。

Get Adobe® Reader®

リサーチ