経済分析レポート
11月消費者物価

コアCPIは2ヶ月ぶりの下落

2012年12月28日

サマリー

◆2012年11月の全国CPI(除く生鮮食品、以下コアCPI)は前年比▲0.1%と、2ヶ月ぶりの下落となり、市場コンセンサス(同▲0.1%)に沿った結果となった。内訳を見ると、「電気代」、「灯油」、「ガソリン」の上昇幅が縮小したことにより、エネルギーの押し上げ寄与が10月から縮小したことが、コアCPIを押し下げた。

◆市況要因を除いた物価動向を表す「食料(除く酒類)及びエネルギーを除く総合」は前年比▲0.5%と、下落幅は10月と同様だったが、季節調整値で見ると、前月比▲0.2%と4ヶ月連続で下落しており、物価は緩やかなデフレ傾向が続いている。

◆先行きに関しては、これまでコアCPIを押し上げてきたエネルギーは、原油価格が足下の水準で推移すると仮定すると、前年の裏が出る形で前年比ベースでの押し上げ寄与は徐々に減衰していく見込みである。また、このところの景気悪化により需給ギャップの縮小は足踏みとなっており、需給要因による物価上昇圧力は弱い状況にあることに加えて、2013年2月以降は「テレビ」のマイナス寄与が急拡大するという特殊要因もあることから、コアCPIは当面前年割れでの推移が続くとみられる。

レポートをダウンロードする

お気に入りへ登録

この記事を「お気に入りレポート」に登録しておくことができます。

このレポートのURLを転送する

  • @

お問い合わせ

PDFファイルの閲覧にはAdobe® Reader®新しいウィンドウで開きますが必要となります。お持ちでない方は、アドビ システムズのウェブサイトから無償ダウンロードができます。
なお、Adobe® Reader®のインストール方法は、アドビ システムズ ウェブサイト新しいウィンドウで開きますをご覧ください。

Get Adobe® Reader®

リサーチ

リサーチメールマガジン

大和総研研究員によるレポートやコラム、書籍・刊行物などの最新情報を適宜お届けします。

ダイワインターネットTV

2017年3月6日
第192回日本経済予測 ~トランプ政権成立で何が起きるのか?~

2017年2月16日
日本経済中期予測~非連続的な世界の変化を前に、日本は何をすべきか~

2016年11月29日
第191回日本経済予測 トランプ・ショックで日本経済に何が起きるのか?

書籍・刊行物

熊谷亮丸、大和総研
トランプ政権で日本経済はこうなる(日経プレミアシリーズ)

「波乱はなし」と思われた米大統領選で、まさかのトランプ勝利!今後の米国・日本経済では何が起きるのか?トランプ勝利で不透明感の強まる米国の通商政策や金融規制、環境政策、日本経済の先行きについて、大和総研のエコノミストたちがやさしく、わかりやすく解説しています。2017年の経済情勢を見通すうえで必読の一冊です。

熊谷 亮丸 監修、大和総研 編著
この1冊でわかる 世界経済の新常識2017

「米国大統領選挙」「Brexit」「中国『バブル』崩壊」「FinTech」・・・私たちの日常生活には、「世界経済」に関するニュースがあふれています。本書では、トランプ大統領誕生による米国経済への影響をはじめ、世界経済はどんな仕組みで動いているのか、なぜ世界経済の動きが日本経済に影響を及ぼすのかなどについて、わかりやすく解説しています。