長期投資VS短期志向
機関投資家の報酬(手数料)設計の見直し

長期投資VS短期志向 第13回

2015年9月14日

サマリー

長期投資の実現を訴える政策提言の多くは、長期投資の担い手になることを期待される機関投資家が短期志向に陥っているのは、機関投資家側においても短期的な成果に重きを置くようにする方向での動機付けが働いているからだと主張しています。運用成果が短期的に計測されて、それに応じて支払われる報酬額も決まるなら、機関投資家は、短期で成果を上げようとするでしょう。そのため、運用成果や報酬算定の評価期間を長期的に行うことが、短期志向を克服する方策として検討されます。

レポートをダウンロードする

お気に入りへ登録

この記事を「お気に入りレポート」に登録しておくことができます。

このレポートのURLを転送する

  • @

おすすめ関連レポート

お問い合わせ

PDFファイルの閲覧にはAdobe® Reader®新しいウィンドウで開きますが必要となります。お持ちでない方は、アドビ システムズのウェブサイトから無償ダウンロードができます。
なお、Adobe® Reader®のインストール方法は、アドビ システムズ ウェブサイト新しいウィンドウで開きますをご覧ください。

Get Adobe® Reader®

リサーチ

リサーチメールマガジン

大和総研研究員によるレポートやコラム、書籍・刊行物などの最新情報を適宜お届けします。

ダイワインターネットTV

2016年9月2日
マイナス金利政策導入の銀行への影響

2016年8月4日
アベノミクスで加速する企業ガバナンス改革

2016年6月29日
変わるDC(確定拠出年金)制度 ~広く国民が活用できる制度に~

書籍・刊行物

是枝 俊悟 著
『NISA、DCから一括贈与まで 税制優遇商品の選び方・すすめ方』

FP(フィナンシャルプランナー)や金融機関にお勤めの方など、金融商品を提案する方に向けたNISA、DC(確定拠出年金)、一括贈与などの税制優遇商品の解説書です。NISAやDCなどの税制優遇商品の「本当の魅力」を他制度と比較分析した上で再発見し、資産運用の動機別に「このお客様にはどの制度を提案したらよいか」を紹介します。

大和総研 鈴木 利光
なるほど金融 バーゼルⅢの初歩Q&A

大人気コーナー『なるほど金融 バーゼルⅢの初歩』が電子書籍になりました。バーゼルⅢ(規制)という用語をなんとなく聞いたことがある人は多いと思いますが、その内容は複雑であり、難解です。本書では、金融関係以外の人にもバーゼルⅢの実態を横断的に理解できるように、その仕組みをわかりやすく解説しています。これからバーゼルⅢを勉強したい人に最適の1冊です。