未利用エネルギー

2013年7月11日

解説

未利用エネルギーとは、工場などからの排熱エネルギー、下水や河川などの温度差エネルギー、廃棄物エネルギーなど、これまであまり利用されていなかったエネルギーの総称である(図表1)。例えば、清掃工場のごみ焼却の際に出る排熱を使って蒸気・温水・冷水などを作ることができる。これらを使うことで空調や給湯などのエネルギー消費を減らすことができるため、省エネルギー(省エネ)に分類される。

図表1 主な未利用エネルギー

図表1 主な未利用エネルギー

(出所)資源エネルギー庁 「未利用エネルギーの面的活用」を基に大和総研作成


排熱を出す施設自身の省エネに利用するほか、地域の地区・街区というような範囲に蒸気・温水・冷水という形で熱供給することもある。これを「面的利用」といい、個別のビルで設備を持つよりも、より省エネになるというメリットがある。図表2にあるように、オフィスビルや商業施設などでは、熱源(冷凍機、冷却水ポンプなど)、熱搬送(冷温水2次ポンプ、空調機など)、給湯・調理(ボイラなど)など、熱エネルギーを利用する割合が少なくないため、未利用エネルギーによる熱供給は「省エネ」として有効な手段となる。

図表2 用途別エネルギー消費構造
図表2 用途別エネルギー消費構造
(注1)オフィスビルは「給湯」
(注2)オフィスビルにはない
(注3)82,000㎡
(注4)58,000㎡
(出所)一般社団法人 省エネルギーセンター 「ビルの省エネルギー」を基に大和総研作成

地下水や地中と地上の温度差を利用する方法もある。地下水や地中の温度は、季節や昼夜にかかわらず1年を通して安定している。このことから、地上に比べると夏は涼しく、冬は暖かいという温度差が生まれる。この温度差を「熱交換器」や「ヒートポンプ」という仕組みを使って、冷房や暖房に利用する(図表3)。冷暖房にかかるエネルギー消費を減らすことができるため、省エネと位置付けられる。

図表3 温度差利用のイメージ
図表3 温度差利用のイメージ
(注)熱交換器を使わない場合もある
(出所)大和総研作成

(2013年7月11日掲載)

おすすめ関連レポート

お問い合わせ

PDFファイルの閲覧にはAdobe® Reader®新しいウィンドウで開きますが必要となります。お持ちでない方は、アドビ システムズのウェブサイトから無償ダウンロードができます。
なお、Adobe® Reader®のインストール方法は、アドビ システムズ ウェブサイト新しいウィンドウで開きますをご覧ください。

Get Adobe® Reader®

リサーチ

リサーチメールマガジン

大和総研研究員によるレポートやコラム、書籍・刊行物などの最新情報を適宜お届けします。

ダイワインターネットTV

2016年8月15日
“女性の活躍”に関する情報開示と投資家動向

書籍

ソーシャルファイナンスの教科書―「社会」のために「あなたのお金」が働くということ

金融は本来自分のためと社会のために自分のお金に働いてもらうこと、という考え方を出発点として、地球環境問題や、所得格差などの社会課題解決のために、個人としてできることから、世界の運用業界で注目されているサステナブル投資の潮流などを含め、新たな金融―ソーシャルファイナンス―の在り方について考察していきます。