IIRC(国際統合報告委員会)

2013年3月29日

解説

IIRC(The International Integrated Reporting Council:国際統合報告委員会)は、企業の財務情報と、非財務情報、いわゆるESG(環境・社会・コーポレートガバナンス)情報を統合した報告のフレームワークを開発している国際的な団体である。持続可能な社会の構築に向けた企業の取り組みと財務パフォーマンスを関連付けて体系的に開示する統合報告によって、事業活動とESGへの取り組みの関連性を明らかにすることを目的としている。従来の財務報告では短期的な視点で評価される傾向があること、過去の分析はできても将来のリスクや機会が見えにくいこと、などの課題がある。一方、CSR報告書では、様々なステークホルダーに資する情報があるものの、企業経営との関連性がわかりにくいという課題が指摘されている。

IIRCはチャールズ皇太子が立ち上げたAccounting for Sustainability(A4S)プロジェクトとGRI(Global Reporting Initiative)などによって2010年に設立され、企業・投資家・会計士団体・NGOなど、多様なステークホルダーが参加している。日本からは東京証券取引所CEOや日本公認会計士協会常務理事が参加している。


世界中から企業が自主的に参加するパイロット・プログラムなどの活動を行っており、2012年11月には、“OVERVIEW”、“FUNDAMENTAL CONCEPTS”、“GUIDING PRINCIPLES”、“CONTENT ELEMENTS”、“PREPARATION AND PRESENTATION”の5章から成るフレームワークのプロトタイプを発表した(※1)。2013年4月に草案公開、意見募集を行い、2013年12月に“version 1.0”を公開するとしている。


(※1)IIRC Press Releases November 26, 2012 “IIRC Releases Prototype of the International <IR> Framework

(2013年3月29日掲載)

おすすめ関連レポート

お問い合わせ

PDFファイルの閲覧にはAdobe® Reader®新しいウィンドウで開きますが必要となります。お持ちでない方は、アドビ システムズのウェブサイトから無償ダウンロードができます。
なお、Adobe® Reader®のインストール方法は、アドビ システムズ ウェブサイト新しいウィンドウで開きますをご覧ください。

Get Adobe® Reader®

リサーチ

リサーチメールマガジン

大和総研研究員によるレポートやコラム、書籍・刊行物などの最新情報を適宜お届けします。

ダイワインターネットTV

2016年8月15日
“女性の活躍”に関する情報開示と投資家動向

書籍

ソーシャルファイナンスの教科書―「社会」のために「あなたのお金」が働くということ

金融は本来自分のためと社会のために自分のお金に働いてもらうこと、という考え方を出発点として、地球環境問題や、所得格差などの社会課題解決のために、個人としてできることから、世界の運用業界で注目されているサステナブル投資の潮流などを含め、新たな金融―ソーシャルファイナンス―の在り方について考察していきます。