環境と開発に関するリオ宣言(リオ宣言)

2012年7月31日

解説

1992年にブラジルのリオデジャネイロで開催された国連環境開発会議(地球サミット)では、1972年の国連人間環境会議で採択された人間環境宣言(ストックホルム宣言)を再確認するとともに、新しい公平な地球的規模のパートナーシップを構築することを目標として、27原則から成る宣言が出されている(※1)

この宣言は、それまで地球環境に負荷を与えてきた先進国と将来に向けて環境への負荷を増大させる可能性がある途上国が、持続可能な開発と地球環境の保全について共通だが差異ある責任を有することを認識している。また、自然と調和した健康で生産的な生活、自国資源開発の主権的権利と責任、現在及び将来の世代の開発及び環境上の必要性などにも言及し、公平、協力、支援などの重要性が示されている。これらの原則を実施するにあたっては、市民、女性や青年、先住民などを含めたあらゆる主体が、それぞれの立場で、誠実かつパートナーシップの精神で、協力しなくてはならないとしている。

この宣言が示す原則の概要は以下の通り。
リオ宣言の概要

(※1)「環境と開発に関するリオ宣言」環境省

(2012年7月31日掲載)
(2013年8月27日更新)

お問い合わせ

PDFファイルの閲覧にはAdobe® Reader®新しいウィンドウで開きますが必要となります。お持ちでない方は、アドビ システムズのウェブサイトから無償ダウンロードができます。
なお、Adobe® Reader®のインストール方法は、アドビ システムズ ウェブサイト新しいウィンドウで開きますをご覧ください。

Get Adobe® Reader®

リサーチ

リサーチメールマガジン

大和総研研究員によるレポートやコラム、書籍・刊行物などの最新情報を適宜お届けします。

ダイワインターネットTV

2016年8月15日
“女性の活躍”に関する情報開示と投資家動向

書籍

ソーシャルファイナンスの教科書―「社会」のために「あなたのお金」が働くということ

金融は本来自分のためと社会のために自分のお金に働いてもらうこと、という考え方を出発点として、地球環境問題や、所得格差などの社会課題解決のために、個人としてできることから、世界の運用業界で注目されているサステナブル投資の潮流などを含め、新たな金融―ソーシャルファイナンス―の在り方について考察していきます。