ESGレポート
地方創生に資するヘルスケア産業の創出は実現するか?

~経済産業省の2012~15年度ヘルスケア産業創出関連の採択事業から見る民間・地方主導のソーシャル・イノベーションの重要性~

サマリー

◆政府は、「日本再興戦略」改訂2015において、アベノミクスの第2ステージ「ローカル・アベノミクスの推進」として「医療・介護・ヘルスケア産業の活性化」を掲げた。新たな産業としてのヘルスケア産業が、民間主導で創出及び発展し、地方創生によって日本全体の経済成長の原動力となることに期待している。

◆経済産業省は、ヘルスケア産業の成長を後押しするために、2010~11年度はヘルスケア産業の創出調査事業、2012年度以降はヘルスケア産業の創出及び活性化に向けた事業の公募を実施し始め、2015年度で6年目を迎えた。

◆本稿では2012~15年度の同事業の採択事業を題材に、ヘルスケア事業のビジネスモデルを、対象顧客(利用者)、事業プレーヤー、実施エリア、事業目的、提供サービス、使用するヘルスケアデータ、事業成果、収益源、の各項目に分けて整理し、民間・地方主導でヘルスケア産業を活性化していくうえでの課題を分析した。

◆ヘルスケア産業が新たな産業として日本の地域創生・経済成長に貢献するためには、従来モデルにはみられない社会問題の解決方法の創出、つまり、医学的・科学的なエビデンスに基づく社会的コスト(医療・介護費等)の低減の立証等、ソーシャル・イノベーションの創出が不可欠と考えられる。

お気に入りへ登録

この記事を「お気に入りレポート」に登録しておくことができます。

このレポートのURLを転送する

  • @

おすすめ関連レポート

お問い合わせ

PDFファイルの閲覧にはAdobe® Reader®新しいウィンドウで開きますが必要となります。お持ちでない方は、アドビ システムズのウェブサイトから無償ダウンロードができます。
なお、Adobe® Reader®のインストール方法は、アドビ システムズ ウェブサイト新しいウィンドウで開きますをご覧ください。

Get Adobe® Reader®

リサーチ

リサーチメールマガジン

大和総研研究員によるレポートやコラム、書籍・刊行物などの最新情報を適宜お届けします。

ダイワインターネットTV

2016年8月15日
“女性の活躍”に関する情報開示と投資家動向

書籍

ソーシャルファイナンスの教科書―「社会」のために「あなたのお金」が働くということ

金融は本来自分のためと社会のために自分のお金に働いてもらうこと、という考え方を出発点として、地球環境問題や、所得格差などの社会課題解決のために、個人としてできることから、世界の運用業界で注目されているサステナブル投資の潮流などを含め、新たな金融―ソーシャルファイナンス―の在り方について考察していきます。