ESGレポート
地域経済の持続可能性について考える⑥農林水産業(前編)

大転換期にある地域の“農林水産業”の現状と活性化への施策

サマリー

◆長期で見ると農林水産業従事者数の減少は著しく、過去約50年で6分の1近くまで減少している。また、農業従事者数の高齢化の進展、農地面積の減少傾向とともに、農産品等の生産高も減少し、日本の食料自給率は低下の一途を辿っている。

◆政府は2013年の日本再興戦略において、今後10年間での農地面積の8割の担い手利用や農業・農村の所得倍増など、2020年に6次産業市場規模10兆円や農林水産物・食品輸出額1兆円といった大胆な目標を掲げたが、現状からすると、総じて目標達成は容易ではない。特に6次産業の市場規模を10倍に拡大するというのはかなり野心的に映る。

◆額の小さな農林水産物・食品の輸出額においては為替等諸条件に変化がなければ達成の見込みが高いが、6次産業化の進展がなければ仕組み全体が回らない恐れもある。

お気に入りへ登録

この記事を「お気に入りレポート」に登録しておくことができます。

このレポートのURLを転送する

  • @

おすすめ関連レポート

お問い合わせ

PDFファイルの閲覧にはAdobe® Reader®新しいウィンドウで開きますが必要となります。お持ちでない方は、アドビ システムズのウェブサイトから無償ダウンロードができます。
なお、Adobe® Reader®のインストール方法は、アドビ システムズ ウェブサイト新しいウィンドウで開きますをご覧ください。

Get Adobe® Reader®

リサーチ

リサーチメールマガジン

大和総研研究員によるレポートやコラム、書籍・刊行物などの最新情報を適宜お届けします。

書籍

ソーシャルファイナンスの教科書―「社会」のために「あなたのお金」が働くということ

金融は本来自分のためと社会のために自分のお金に働いてもらうこと、という考え方を出発点として、地球環境問題や、所得格差などの社会課題解決のために、個人としてできることから、世界の運用業界で注目されているサステナブル投資の潮流などを含め、新たな金融―ソーシャルファイナンス―の在り方について考察していきます。