ESGレポート
CO2削減のための政策手段

大幅な削減ポテンシャルを持つCCSの導入を促す政策

2015年4月14日

サマリー

◆地球温暖化を防止するためには、CO2排出量の削減ポテンシャルが大きい安価な削減技術の選択と削減技術を促進するための地球温暖化防止政策に戦略的に取り組んでいくことが重要と考えられる。本稿では、二酸化炭素回収貯留技術(CCS)について、実用化に向けた動向を概観した上で、CCSの導入を促す政策について考える。

◆EOR(石油増進回収)はCCS事業者にとって投資を回収するための重要な手段の一つではあるが、地球温暖化防止の上で期待される効果が実現されない側面もあるため、今後は、地下深部塩水層への貯留に取り組むCCS事業者に経済的インセンティブを付与するような政策に取り組んでいく必要があろう。

◆CCSを経済社会に導入する政策としては、CO2を一種の汚染物質と捉えて排出基準規制を設ける規制的手法がある。近年は、グローバルな環境問題への対応策として、CO2に価格を付けて汚染者の環境技術レベルが経済負担に反映される手法や、市場メカニズムを通して削減総費用を低減させる手法などの経済的手法に取り組む国・地域もみられる。

◆我が国にCCSを導入するための政策としては、社会全体の削減費用の効率化を図る上でも、CCSを対象に含めた排出量取引制度(ETS)の導入が選択肢の一つとなる。東京都や埼玉県で既に導入・運用されており、我が国独自の知見が蓄積されつつある。日本は世界全体のGHG削減に貢献すべく、CCSの利用を想定した二国間クレジット(JCM)を国連気候変動枠組条約(UNFCCC)に提案している。

レポートをダウンロードする

お気に入りへ登録

この記事を「お気に入りレポート」に登録しておくことができます。

このレポートのURLを転送する

  • @

おすすめ関連レポート

お問い合わせ

PDFファイルの閲覧にはAdobe® Reader®新しいウィンドウで開きますが必要となります。お持ちでない方は、アドビ システムズのウェブサイトから無償ダウンロードができます。
なお、Adobe® Reader®のインストール方法は、アドビ システムズ ウェブサイト新しいウィンドウで開きますをご覧ください。

Get Adobe® Reader®

リサーチ

リサーチメールマガジン

大和総研研究員によるレポートやコラム、書籍・刊行物などの最新情報を適宜お届けします。

ダイワインターネットTV

2016年8月15日
“女性の活躍”に関する情報開示と投資家動向

書籍

ソーシャルファイナンスの教科書―「社会」のために「あなたのお金」が働くということ

金融は本来自分のためと社会のために自分のお金に働いてもらうこと、という考え方を出発点として、地球環境問題や、所得格差などの社会課題解決のために、個人としてできることから、世界の運用業界で注目されているサステナブル投資の潮流などを含め、新たな金融―ソーシャルファイナンス―の在り方について考察していきます。