ESGレポート
観光立国と日本の「稼ぐ力」④

観光地域の「稼ぐ力」

2014年12月29日

サマリー

◆観光庁によれば、2012年の国内旅行の売上高は約19.4兆円、訪日観光の消費額などを含めた全体の消費額は22.5兆円規模と推計されている。生産波及効果は約46.7兆円、付加価値効果は約23.8兆円とされており、雇用効果も399万人とみられている。

◆しかし、2004年と比較すると12年の国内旅行の売上高は約7.4兆円減少している。生産波及効果と付加価値効果も減少しており、合計の減少額は23.7兆円に上る。景気停滞と経済効果の流出が、観光地域や観光産業を衰退させてきたことが示唆される。

◆観光で「稼ぐ力」を高めるためには、地域資源の有効活用や投資効率を高める選択、滞在型の広域観光圏形成とその効果的なマネジメントなどが求められよう。持続可能な観光立国実現に向け、経済的価値だけでなく多様な価値を創造することが重要であろう。

レポートをダウンロードする

お気に入りへ登録

この記事を「お気に入りレポート」に登録しておくことができます。

このレポートのURLを転送する

  • @

おすすめ関連レポート

お問い合わせ

PDFファイルの閲覧にはAdobe® Reader®新しいウィンドウで開きますが必要となります。お持ちでない方は、アドビ システムズのウェブサイトから無償ダウンロードができます。
なお、Adobe® Reader®のインストール方法は、アドビ システムズ ウェブサイト新しいウィンドウで開きますをご覧ください。

Get Adobe® Reader®

リサーチ

リサーチメールマガジン

大和総研研究員によるレポートやコラム、書籍・刊行物などの最新情報を適宜お届けします。

ダイワインターネットTV

2016年8月15日
“女性の活躍”に関する情報開示と投資家動向

書籍

ソーシャルファイナンスの教科書―「社会」のために「あなたのお金」が働くということ

金融は本来自分のためと社会のために自分のお金に働いてもらうこと、という考え方を出発点として、地球環境問題や、所得格差などの社会課題解決のために、個人としてできることから、世界の運用業界で注目されているサステナブル投資の潮流などを含め、新たな金融―ソーシャルファイナンス―の在り方について考察していきます。