ESGレポート
社会的責任投資(SRI)とCSR情報の評価

2014年12月25日

サマリー

◆社会的責任投資(SRI)は、投資プロセスに非財務情報も考慮する投資や株主として企業に働きかけることをいい、欧米を中心にSRI市場の規模が拡大している。

◆2011年末における世界全体のSRI市場の規模は約13.6兆ドルで、運用資産額の21.8%に相当すると推計されている。米国のSRI市場の規模は、2012年調査の約3.7兆ドルから2014年調査では約6.6兆ドルへと拡大している。欧州も2011年末の約6.8兆ユーロから、2013年末には約9.9兆ユーロにまで拡大しているとみられ、直近の世界全体のSRI市場も大幅に拡大していることが推察される。

◆企業価値に対する財務情報の説明力が低下していることや、日本版スチュワードシップ・コードの策定などで、SRIだけでなく、経済的リターンを求める投資においても非財務情報に対するニーズが高まっており、企業はCSR経営を実践するだけでなく、その情報を適切に開示することが求められよう。

レポートをダウンロードする

お気に入りへ登録

この記事を「お気に入りレポート」に登録しておくことができます。

このレポートのURLを転送する

  • @

おすすめ関連レポート

お問い合わせ

PDFファイルの閲覧にはAdobe® Reader®新しいウィンドウで開きますが必要となります。お持ちでない方は、アドビ システムズのウェブサイトから無償ダウンロードができます。
なお、Adobe® Reader®のインストール方法は、アドビ システムズ ウェブサイト新しいウィンドウで開きますをご覧ください。

Get Adobe® Reader®

リサーチ

リサーチメールマガジン

大和総研研究員によるレポートやコラム、書籍・刊行物などの最新情報を適宜お届けします。

ダイワインターネットTV

2016年8月15日
“女性の活躍”に関する情報開示と投資家動向

書籍

ソーシャルファイナンスの教科書―「社会」のために「あなたのお金」が働くということ

金融は本来自分のためと社会のために自分のお金に働いてもらうこと、という考え方を出発点として、地球環境問題や、所得格差などの社会課題解決のために、個人としてできることから、世界の運用業界で注目されているサステナブル投資の潮流などを含め、新たな金融―ソーシャルファイナンス―の在り方について考察していきます。