ESGレポート
観光立国と日本の「稼ぐ力」③

観光地域の広がり

2014年11月5日

サマリー

◆ビジット・ジャパン事業をはじめとする官民一体となった取り組みにより、大都市圏以外の観光地域を訪れる訪日旅行者が増加している。再訪回数の増加や旅行目的の多様化に伴い、各地の空港や海路を利用する訪日旅行にも広がりがみられる。

◆一方、訪日旅行者の宿泊地は偏りが大きく、大都市や知名度の高い京都府、北海道、沖縄県などへの滞在者が多い。訪日旅行の宿泊者数を増加させるためには、国内旅行の振興により観光地域の経営資源を充実させ、宿泊施設等の観光基盤を一定程度整備することも求められよう。

◆自由度が高い個人旅行が増加し、一般的な観光だけでなく、特定の目的を持った旅行やニューツーリズムが広がれば、これまで以上に幅広い地域が訪日旅行の対象となる可能性がある。観光地域では、ターゲットの選定や連携・協働などの戦略を立て、早期に実行することが重要であろう。

レポートをダウンロードする

お気に入りへ登録

この記事を「お気に入りレポート」に登録しておくことができます。

このレポートのURLを転送する

  • @

おすすめ関連レポート

お問い合わせ

PDFファイルの閲覧にはAdobe® Reader®新しいウィンドウで開きますが必要となります。お持ちでない方は、アドビ システムズのウェブサイトから無償ダウンロードができます。
なお、Adobe® Reader®のインストール方法は、アドビ システムズ ウェブサイト新しいウィンドウで開きますをご覧ください。

Get Adobe® Reader®

リサーチ

リサーチメールマガジン

大和総研研究員によるレポートやコラム、書籍・刊行物などの最新情報を適宜お届けします。

ダイワインターネットTV

2016年8月15日
“女性の活躍”に関する情報開示と投資家動向

書籍

ソーシャルファイナンスの教科書―「社会」のために「あなたのお金」が働くということ

金融は本来自分のためと社会のために自分のお金に働いてもらうこと、という考え方を出発点として、地球環境問題や、所得格差などの社会課題解決のために、個人としてできることから、世界の運用業界で注目されているサステナブル投資の潮流などを含め、新たな金融―ソーシャルファイナンス―の在り方について考察していきます。