ESGレポート
排出量取引マーケットレポート 2013.9.20

豪州で政権交代、排出量取引制度が立ち消えになる可能性

2013年9月24日

サマリー

マーケットサマリー(2013/8/22~2013/9/19)

EUA価格は 5か月ぶりに€ 5台を回復

関連トピック

■豪州で政権交代、排出量取引制度が立ち消えになる可能性
豪州連邦議会(二院制)の総選挙の投開票が2013年9月7日に実施され、自由党を中心とする保守連合が下院(定数150)で過半数の90議席を獲得した 。この結果、6年ぶりの政権交代が実現し、9月18日に自由党のトニー・アボット党首が第28代首相に就任した 。保守連合は企業競争力を強化するために炭素税(炭素価格付け制度)の廃止などを公約しており、実現すれば、炭素税の排出量取引制度への移行も立ち消えになる可能性がある。

■オフセット・クレジット(J-VER)は高値安定を維持
国内の認証排出削減量制度の一つである「オフセット・クレジット(J-VER)制度」 の取引価格は、高値安定が続いている。排出削減/森林吸収プロジェクトの登録者およびオフセット・プロバイダー(販売仲介者)等を対象にした環境省のアンケート調査によると、排出削減系J-VERの平均取引価格は5,980円/t-CO2で、地域性・独自性がより反映される森林吸収系J-VERは8,187円/t-CO2であった。

■温室効果ガスの削減目標を話し合う審議会が再開
9月11日、我が国における2020年までの温室効果ガス削減目標などを話し合う、環境省と経済産業省の「中央環境審議会地球環境部会・産業構造審議会環境部会地球環境小委員会合同会合」が1ヵ月半ぶりに再開された。政府が6月に閣議決定した「日本再興戦略 - JAPAN is BACK -」では、11月にポーランドで開かれる国連気候変動枠組条約第19回締約国会議(COP19)までに「1990年比25%減の削減目標」を見直すこととされているが、削減目標を明確に示すか否かで両省の調整がつかなかったためか、中断していた。

レポートをダウンロードする

お気に入りへ登録

この記事を「お気に入りレポート」に登録しておくことができます。

このレポートのURLを転送する

  • @

お問い合わせ

PDFファイルの閲覧にはAdobe® Reader®新しいウィンドウで開きますが必要となります。お持ちでない方は、アドビ システムズのウェブサイトから無償ダウンロードができます。
なお、Adobe® Reader®のインストール方法は、アドビ システムズ ウェブサイト新しいウィンドウで開きますをご覧ください。

Get Adobe® Reader®

リサーチ

リサーチメールマガジン

大和総研研究員によるレポートやコラム、書籍・刊行物などの最新情報を適宜お届けします。

ダイワインターネットTV

2016年8月15日
“女性の活躍”に関する情報開示と投資家動向

書籍

ソーシャルファイナンスの教科書―「社会」のために「あなたのお金」が働くということ

金融は本来自分のためと社会のために自分のお金に働いてもらうこと、という考え方を出発点として、地球環境問題や、所得格差などの社会課題解決のために、個人としてできることから、世界の運用業界で注目されているサステナブル投資の潮流などを含め、新たな金融―ソーシャルファイナンス―の在り方について考察していきます。