ESGレポート
排出量取引マーケットレポート2013.7.19

西バルカン諸国のクロアチアがEUに加盟

2013年7月23日

サマリー

◆マーケットサマリー(2013/6/14~2013/7/18)

改正排出枠の後積み案が可決されるも軟調な展開が続く

◆関連トピック

西バルカン諸国のクロアチアがEUに加盟
2013年7月1日、クロアチア共和国が28番目の加盟国としてEUに加盟した。同国の経済規模から直ちにEU域内の経済活動に大きな影響を与える可能性は低いと思われるものの、EUにとって政治的安定が重要課題になっている西バルカン諸国からの初めての加盟国として注目されている。前日深夜に行われた加盟記念式典でも、各国首脳等から今回の加盟が欧州統合という大プロジェクトの重要なプロセスの一つであることが強調された。今後、EU加盟候補国として認められているセルビアやモンテネグロ、マケドニアの加盟交渉が予定されており、クロアチアには西バルカン諸国の先駆者としての役割が期待される。

オバマ政権が気候変動対策の外交で一歩踏み出す
2013年6月、オバマ大統領は政権二期目(2013年~2016年)の気候変動対策について演説を行い、政策方針「大統領気候行動計画(The President’s Climate Action Plan)」を公表した。下院の過半数を共和党が占めるため、新たな立法が必要となる施策の実施は困難な状況だが、行政権による外交はこれまでより一歩踏み出した内容になっている。米国は将来枠組みについて、京都議定書のように削減目標を法的に拘束するのではなく、各国がそれぞれの実情に応じた貢献目標を自主的に設定する方式の採択を目指している。将来枠組みの合意を目指すCOP21に向けた米国の動きから目が離せなくなった。

レポートをダウンロードする

お気に入りへ登録

この記事を「お気に入りレポート」に登録しておくことができます。

このレポートのURLを転送する

  • @

おすすめ関連レポート

お問い合わせ

PDFファイルの閲覧にはAdobe® Reader®新しいウィンドウで開きますが必要となります。お持ちでない方は、アドビ システムズのウェブサイトから無償ダウンロードができます。
なお、Adobe® Reader®のインストール方法は、アドビ システムズ ウェブサイト新しいウィンドウで開きますをご覧ください。

Get Adobe® Reader®

リサーチ

リサーチメールマガジン

大和総研研究員によるレポートやコラム、書籍・刊行物などの最新情報を適宜お届けします。

ダイワインターネットTV

2016年8月15日
“女性の活躍”に関する情報開示と投資家動向

書籍

ソーシャルファイナンスの教科書―「社会」のために「あなたのお金」が働くということ

金融は本来自分のためと社会のために自分のお金に働いてもらうこと、という考え方を出発点として、地球環境問題や、所得格差などの社会課題解決のために、個人としてできることから、世界の運用業界で注目されているサステナブル投資の潮流などを含め、新たな金融―ソーシャルファイナンス―の在り方について考察していきます。