ESGレポート 金融資本市場
ソーシャル・ファイナンスについて

2013年2月28日

サマリー

◆近年、日本においても、“ソーシャル・ファイナンス”という言葉を耳にする機会が増えている。

◆本稿は、特に近年利用が増えつつある“資金供給者が一般の個人であり、資金需要者が団体(中堅・中小企業やNPO法人など)・個人・プロジェクトであるケース”に注目したい。それらの中で資金使途(資金調達の目的)が“ソーシャル”であるものを取り扱い、我が国の現状を整理するとともに、今後の課題を検討する。

レポートをダウンロードする

お気に入りへ登録

この記事を「お気に入りレポート」に登録しておくことができます。

このレポートのURLを転送する

  • @

お問い合わせ

PDFファイルの閲覧にはAdobe® Reader®新しいウィンドウで開きますが必要となります。お持ちでない方は、アドビ システムズのウェブサイトから無償ダウンロードができます。
なお、Adobe® Reader®のインストール方法は、アドビ システムズ ウェブサイト新しいウィンドウで開きますをご覧ください。

Get Adobe® Reader®

リサーチ

リサーチメールマガジン

大和総研研究員によるレポートやコラム、書籍・刊行物などの最新情報を適宜お届けします。

書籍

ソーシャルファイナンスの教科書―「社会」のために「あなたのお金」が働くということ

金融は本来自分のためと社会のために自分のお金に働いてもらうこと、という考え方を出発点として、地球環境問題や、所得格差などの社会課題解決のために、個人としてできることから、世界の運用業界で注目されているサステナブル投資の潮流などを含め、新たな金融―ソーシャルファイナンス―の在り方について考察していきます。