ESGレポート
ESG評価と事後リターン

ESGに関する評価の得点で作成したポートフォリオのリターン分析

2013年1月16日

サマリー

◆日本企業を対象とした2009年度と2010年度のESG要因に関する評価の得点でポートフォリオを組成し、評価がまとめられた後の1年間のリターンを分析したところ、次の結果が得られた。

◆2009年度と2010年度のそれぞれで評価の得点が平均値以上の企業によるポートフォリオを組成すると、等金額ポートフォリオのリターンは市場を上回ったが、時価総額加重ポートフォリオのリターンは市場と同程度か、市場を若干下回った。

◆2009年度と2010年度の評価得点の変化幅がプラスの企業とマイナスの企業でポートフォリオを作成すると、等金額ポートフォリオのリターンはいずれも市場全体のリターンを上回った。また、配当込みTOPIXのリターンが0.59%だったのに対し、時価総額加重ポートフォリオでは、変化幅がプラスの企業は2.18%.変化幅がマイナスの企業は-3.66%となった。

◆以上の結果は、企業評価の得点はESGを考慮した投資対象のユニバースの作成に利用できる可能性を示唆しているのではないかと思われる。また、得点の変化幅がプラスの企業で作成したリターンの動向は、投資に際して総合評価の経時的な変化を利用することが有効である可能性を示唆していよう。

◆ただし、本稿は2時点の評価データしか分析の対象としていないことや、業種構成の違いがリターンに影響している可能性があることなどに注意が必要である。

レポートをダウンロードする

お気に入りへ登録

この記事を「お気に入りレポート」に登録しておくことができます。

このレポートのURLを転送する

  • @

おすすめ関連レポート

お問い合わせ

PDFファイルの閲覧にはAdobe® Reader®新しいウィンドウで開きますが必要となります。お持ちでない方は、アドビ システムズのウェブサイトから無償ダウンロードができます。
なお、Adobe® Reader®のインストール方法は、アドビ システムズ ウェブサイト新しいウィンドウで開きますをご覧ください。

Get Adobe® Reader®

リサーチ

リサーチメールマガジン

大和総研研究員によるレポートやコラム、書籍・刊行物などの最新情報を適宜お届けします。

書籍

ソーシャルファイナンスの教科書―「社会」のために「あなたのお金」が働くということ

金融は本来自分のためと社会のために自分のお金に働いてもらうこと、という考え方を出発点として、地球環境問題や、所得格差などの社会課題解決のために、個人としてできることから、世界の運用業界で注目されているサステナブル投資の潮流などを含め、新たな金融―ソーシャルファイナンス―の在り方について考察していきます。