ESGレポート
日本の医療制度改革と国民一人一人の医療意識改革にむけて

~生活習慣病の予防、ワンコイン健診の事例を基に~

サマリー

◆日本の国民医療費の対GDP比率は上昇傾向にあり、2010年度は7.8%となった。そしてその公的負担は8割を超える。

◆医療費削減と健康増進の手段として期待されるのが生活習慣病の予防である。個人の生活習慣を見直すことで予防できる生活習慣病は、患者の1割、医療費の3割を占めている。

◆一方で、予防の手段として有効な健康診断の受診率は64%にとどまる。家庭の主婦や自営業主、フリーターなどは、時間がない、手間がかかる、コストがかかるなどの理由で受診していないケースが目立つ。

◆この問題を解決する事例として、ワンコイン健診のケアプロの事例を紹介する。同社は商店街など人が集まる場所に、その場で結果が分かるワンコイン健診サービスを展開する。創業4年弱で利用者は10万人を超えるなど、便利な健診サービスに対するニーズは強い。同社のビジネスから、日本の予防医療サービスの可能性について概観する。

お気に入りへ登録

この記事を「お気に入りレポート」に登録しておくことができます。

このレポートのURLを転送する

  • @

おすすめ関連レポート

お問い合わせ

PDFファイルの閲覧にはAdobe® Reader®新しいウィンドウで開きますが必要となります。お持ちでない方は、アドビ システムズのウェブサイトから無償ダウンロードができます。
なお、Adobe® Reader®のインストール方法は、アドビ システムズ ウェブサイト新しいウィンドウで開きますをご覧ください。

Get Adobe® Reader®

リサーチ

リサーチメールマガジン

大和総研研究員によるレポートやコラム、書籍・刊行物などの最新情報を適宜お届けします。

書籍

ソーシャルファイナンスの教科書―「社会」のために「あなたのお金」が働くということ

金融は本来自分のためと社会のために自分のお金に働いてもらうこと、という考え方を出発点として、地球環境問題や、所得格差などの社会課題解決のために、個人としてできることから、世界の運用業界で注目されているサステナブル投資の潮流などを含め、新たな金融―ソーシャルファイナンス―の在り方について考察していきます。