ESGレポート
ESGレーティングと株式リターン

グローバルな視点から見た日本企業に対するESG評価と株式リターンの分析

2012年6月26日

環境調査部 伊藤 正晴

サマリー

◆FTSEのESGレーティング情報を用いて、レーティングの平均スコアを算出すると、日本企業は環境(E)に関しては非常に優れているが、社会(S)や特にガバナンス(G)について世界全体に比べて劣っていることがわかった。

◆スコアの上位と下位に分けてポートフォリオを作成したところ、直近の1年間では社会(S)やガバナンス(G)ではスコア下位よりも上位のリターンが高く、時価総額加重による投資よりも等金額投資の方がその関係が強まった。

◆過去7年間のリターンを分析すると、時価総額加重による投資では環境(E)、ガバナンス(G)のスコア上位企業に投資することで配当込みTOPIXに対する超過リターンが得られた年が多かった。また、等金額投資では環境(E)、社会(S)、ガバナンス(G)のスコア上位企業への投資で7年間の累積超過リターンがいずれも15%程度となった。

◆1時点のESGレーティング情報を用いて、過去にさかのぼってリターンを算出した結果であることや、業種構成の違いが影響していることなどには注意が必要であるが、これらの結果はESGのレーティング情報を活用することが運用パフォーマンスの向上に寄与する可能性を示唆しているのではないだろうか。

レポートをダウンロードする

お気に入りへ登録

この記事を「お気に入りレポート」に登録しておくことができます。

このレポートのURLを転送する

  • @

おすすめ関連レポート

お問い合わせ

PDFファイルの閲覧にはAdobe® Reader®新しいウィンドウで開きますが必要となります。お持ちでない方は、アドビ システムズのウェブサイトから無償ダウンロードができます。
なお、Adobe® Reader®のインストール方法は、アドビ システムズ ウェブサイト新しいウィンドウで開きますをご覧ください。

Get Adobe® Reader®

リサーチ

リサーチメールマガジン

大和総研研究員によるレポートやコラム、書籍・刊行物などの最新情報を適宜お届けします。

ダイワインターネットTV

2016年8月15日
“女性の活躍”に関する情報開示と投資家動向

書籍

ソーシャルファイナンスの教科書―「社会」のために「あなたのお金」が働くということ

金融は本来自分のためと社会のために自分のお金に働いてもらうこと、という考え方を出発点として、地球環境問題や、所得格差などの社会課題解決のために、個人としてできることから、世界の運用業界で注目されているサステナブル投資の潮流などを含め、新たな金融―ソーシャルファイナンス―の在り方について考察していきます。