ESGレポート
女性取締役を有する企業と株式リターン

女性取締役に関する国際比較と、女性取締役を有する日本企業のリターン分析

サマリー

◆いくつかの国の企業における女性取締役の状況をみると、欧州や米国では女性取締役を有する企業が50%を超えているのに対し、日本は6.1%と非常に低い。また、女性取締役比率は10%強の水準の国が多いが、日本は0.7%にとどまっている。

◆2005年から2011年の各年において、女性取締役を有する日本企業でポートフォリオを構成したところ、2007年以降の年間リターンは配当込みTOPIXを上回った。

◆各年のリターンを累積した7年間の累積リターンは、配当込みTOPIXが-28.8%であったのに対し、女性取締役ポートフォリオは+5.38%で配当込みTOPIXのリターンを大きく上回った。また、スタイル・インデックスを使ってFama-Frenchの3ファクターモデルによる推計を行ったところ、月次ベースで+0.341%の統計的に有意な超過リターンを得た。

◆業種構成の偏りがポートフォリオのリターンに影響している可能性があるため、業種別の状況をみたところ、食料品や電気機器、サービス業などの個人に対して商品やサービスを提供する業種に女性取締役を有する企業が多いようである。

◆業種構成の偏りには注意が必要であるが、リターン分析の結果は女性取締役という情報が投資パフォーマンスの向上に寄与することを示唆しているのではないか。

レポートをダウンロードする

お気に入りへ登録

この記事を「お気に入りレポート」に登録しておくことができます。

このレポートのURLを転送する

  • @

おすすめ関連レポート

お問い合わせ

PDFファイルの閲覧にはAdobe® Reader®新しいウィンドウで開きますが必要となります。お持ちでない方は、アドビ システムズのウェブサイトから無償ダウンロードができます。
なお、Adobe® Reader®のインストール方法は、アドビ システムズ ウェブサイト新しいウィンドウで開きますをご覧ください。

Get Adobe® Reader®

リサーチ

リサーチメールマガジン

大和総研研究員によるレポートやコラム、書籍・刊行物などの最新情報を適宜お届けします。

ダイワインターネットTV

2016年8月15日
“女性の活躍”に関する情報開示と投資家動向

書籍

ソーシャルファイナンスの教科書―「社会」のために「あなたのお金」が働くということ

金融は本来自分のためと社会のために自分のお金に働いてもらうこと、という考え方を出発点として、地球環境問題や、所得格差などの社会課題解決のために、個人としてできることから、世界の運用業界で注目されているサステナブル投資の潮流などを含め、新たな金融―ソーシャルファイナンス―の在り方について考察していきます。