ESGレポート
米国の議決権行使制度改革

役員選任制度の改革にあわせて議決権行使適正化の必要性が高まる

2010年9月22日

資本市場調査部 環境・CSR 調査課 鈴木 裕

サマリー

◆米国では、株主総会の議決権行使制度の改革が検討されている。

◆株主の意思を正確に計り、会社経営に反映させていくためには適正な議決権行使制度の設計が不可欠である。

◆日本においても、議決権行使におけるIT技術のいっそうの活用促進など、米国の検討は参考にすべき点が少なくないように思われる。

レポートをダウンロードする

お気に入りへ登録

この記事を「お気に入りレポート」に登録しておくことができます。

このレポートのURLを転送する

  • @

おすすめ関連レポート

お問い合わせ

PDFファイルの閲覧にはAdobe® Reader®新しいウィンドウで開きますが必要となります。お持ちでない方は、アドビ システムズのウェブサイトから無償ダウンロードができます。
なお、Adobe® Reader®のインストール方法は、アドビ システムズ ウェブサイト新しいウィンドウで開きますをご覧ください。

Get Adobe® Reader®

リサーチ