ESGレポート
改正・省エネ法の解説

―事業者単位での義務化へ向けた企業の対応―

2009年5月7日

情報技術研究所 荻原 充彦

サマリー

◆2009年4月に改正・省エネ法が施行され、エネルギー使用の報告義務を行う事業者の範囲、対応内容などが大幅に変更された。

◆主な改正点は2つある。
・エネルギー管理義務が、事業所単位での指定から事業者単位での指定に変更になる。報告義務の対象は、事業者全体のエネルギー使用量が1,500kl/年以上(原油換算)の事業者となる。

・指定された事業者は、使用状況届出、定期報告、中長期計画の提出、およびエネルギー管理統括者、エネルギー管理企画推進者の選出が義務化される。

レポートをダウンロードする

お気に入りへ登録

この記事を「お気に入りレポート」に登録しておくことができます。

このレポートのURLを転送する

  • @

お問い合わせ

PDFファイルの閲覧にはAdobe® Reader®新しいウィンドウで開きますが必要となります。お持ちでない方は、アドビ システムズのウェブサイトから無償ダウンロードができます。
なお、Adobe® Reader®のインストール方法は、アドビ システムズ ウェブサイト新しいウィンドウで開きますをご覧ください。

Get Adobe® Reader®

リサーチ