ESGレポート
公的資金のアクティビズム―オーストラリアの事例―

公的資金による株式保有が深刻な問題を生じる可能性

2007年11月15日

経営戦略研究部 鈴木 裕

サマリー

◆政府保有の公的資金(SWF:Sovereign Wealth Funds)の投資動向が注目を集めつつある。

◆オーストラリアでは、公営企業の売却益を原資に将来の年金給付に備えるSWFとしてFuture Fundを創設し、株式保有による運用も行っている。

◆Future Fundが筆頭株主であるTelstraの株主総会で、役員報酬関連の議案で反対が6割を超えた。公的資金もアクティビスト的行動を採る事例として注目すべきである。

お気に入りへ登録

この記事を「お気に入りレポート」に登録しておくことができます。

このレポートのURLを転送する

  • @

お問い合わせ

PDFファイルの閲覧にはAdobe® Reader®新しいウィンドウで開きますが必要となります。お持ちでない方は、アドビ システムズのウェブサイトから無償ダウンロードができます。
なお、Adobe® Reader®のインストール方法は、アドビ システムズ ウェブサイト新しいウィンドウで開きますをご覧ください。

Get Adobe® Reader®

リサーチ