ESGレポート
持続可能な低炭素社会を考える

2007年10月19日

経営戦略研究部 河口 真理子

サマリー

◆地球温暖化問題が高い関心を集めるようになり、様々な地球温暖化対策が議論されている。これらは技術が中心で、かつその中には、二酸化炭素削減にはつながっても資源の枯渇や生態系へのダメージなど他の環境問題を引き起こすリスクの高い技術なども含まれている。

◆そもそも、温暖化対策の目的は、持続可能な低炭素社会構築にある。今必要とされる温暖化対策とは、循環型・自然共生型の低炭素技術であり、また低炭素社会に誘導するような仕組みの構築である。

レポートをダウンロードする

お気に入りへ登録

この記事を「お気に入りレポート」に登録しておくことができます。

このレポートのURLを転送する

  • @

お問い合わせ

PDFファイルの閲覧にはAdobe® Reader®新しいウィンドウで開きますが必要となります。お持ちでない方は、アドビ システムズのウェブサイトから無償ダウンロードができます。
なお、Adobe® Reader®のインストール方法は、アドビ システムズ ウェブサイト新しいウィンドウで開きますをご覧ください。

Get Adobe® Reader®

リサーチ