ESGレポート
ブルドック買収防衛策に最高裁判断

2007年8月8日

経営戦略研究部 鈴木 裕

サマリー

ブルドックソースの買収防衛策は適法との最高裁判断

◆ブルドックソースとスティール・パートナーズの間で争われた買収防衛策は適法であるとの判断が東京地裁・東京高裁に続き最高裁でも下された。

◆買収防衛策の必要性については、株主の意思に基礎を置くと判示され、手段の相当性の判断要素として、敵対的買収者への経済的補償が考慮される。

◆ブルドックソースの買収防衛策は適法とされたが、他社の防衛策については、なお慎重な検討が必要であろう。

レポートをダウンロードする

お気に入りへ登録

この記事を「お気に入りレポート」に登録しておくことができます。

このレポートのURLを転送する

  • @

お問い合わせ

PDFファイルの閲覧にはAdobe® Reader®新しいウィンドウで開きますが必要となります。お持ちでない方は、アドビ システムズのウェブサイトから無償ダウンロードができます。
なお、Adobe® Reader®のインストール方法は、アドビ システムズ ウェブサイト新しいウィンドウで開きますをご覧ください。

Get Adobe® Reader®

リサーチ