静かに広がる水のリスク
静かに広がる水のリスク 第6回

水への取り組み

2013年5月13日

サマリー

水道の蛇口から清浄な水を潤沢に得られる地域が多い現在の日本では、日常生活で水や水関連のインフラについてのリスクを感じる機会は少ないかもしれない。しかし、高度成長期を中心に、急速に整備が進められた水関連のインフラは、次第に老朽化が進む時期に差しかかり、維持・更新に多額の費用を要する可能性がある。また、地球温暖化などが降水量や蒸発散量、融雪時期などに影響を与えるとすれば、従来の水関連のインフラの機能では、対応できない課題を生み出す懸念もある。少子高齢化や産業構造の変化が進む中、国や地方自治体の財政事情は厳しさを増しており、水関連のインフラについても、効果的・効率的なマネジメントが求められよう。そこで、このシリーズでは、水に関わる基本的な事項を確認しながら、水に関わるリスクについて検討してみたい。

第1回 偏在する水と人
第2回 水の使われ方
第3回 水はどこから
第4回 水の力とふるまい
第5回 水と時の流れ
第6回 水への取り組み
   1.国土のデザイン
   2.社会資本の整備
   3.水資源の確保
   4.水道ビジョン
   5.下水道ビジョン
   6.水への取り組みの行方

レポートをダウンロードする

お気に入りへ登録

この記事を「お気に入りレポート」に登録しておくことができます。

このレポートのURLを転送する

  • @

おすすめ関連レポート

お問い合わせ

PDFファイルの閲覧にはAdobe® Reader®新しいウィンドウで開きますが必要となります。お持ちでない方は、アドビ システムズのウェブサイトから無償ダウンロードができます。
なお、Adobe® Reader®のインストール方法は、アドビ システムズ ウェブサイト新しいウィンドウで開きますをご覧ください。

Get Adobe® Reader®

リサーチ

リサーチメールマガジン

大和総研研究員によるレポートやコラム、書籍・刊行物などの最新情報を適宜お届けします。

書籍

ソーシャルファイナンスの教科書―「社会」のために「あなたのお金」が働くということ

金融は本来自分のためと社会のために自分のお金に働いてもらうこと、という考え方を出発点として、地球環境問題や、所得格差などの社会課題解決のために、個人としてできることから、世界の運用業界で注目されているサステナブル投資の潮流などを含め、新たな金融―ソーシャルファイナンス―の在り方について考察していきます。