水素社会の兆し
水素社会の兆し 第8回

水素サプライチェーン、実証から実装へ

2014年11月11日

サマリー

◆水素のように関連する産業の裾野が広い場合には、要素技術を組み合わせた実物大レベルでの実証試験が不可欠となる。日本は水素・燃料電池に係る社会実証を30年以上にわたって積み重ね、着実に技術やノウハウを蓄積してきており、実証から実装へとフェーズが移行する時期となっている。

◆水素の需給を見ると、水素の需要は当面FCVが牽引すると想定される一方、国内の水素供給量は当面は十分であると試算されている。四大都市圏を中心に水素を供給するための水素製造拠点、FCVに水素を供給する水素ステーション、水素製造拠点と水素ステーションを繋ぐ輸送ネットワークの整備が各地で進められている。FCVと水素ステーションは非常用電源として利用することもできるため、自治体と連携して地域住民の理解を得ながら、地域一帯で水素社会の実現を盛り上げることが重要であろう。

◆日本は水素・燃料電池に関する技術と最終製品普及で世界をリードしている。2020年の東京オリンピック・パラリンピックは、水素利用のモデルケースを世界に示す好機である。世界に先駆けて、日本で水素社会が実現することに期待したい。

レポートをダウンロードする

お気に入りへ登録

この記事を「お気に入りレポート」に登録しておくことができます。

このレポートのURLを転送する

  • @

おすすめ関連レポート

お問い合わせ

PDFファイルの閲覧にはAdobe® Reader®新しいウィンドウで開きますが必要となります。お持ちでない方は、アドビ システムズのウェブサイトから無償ダウンロードができます。
なお、Adobe® Reader®のインストール方法は、アドビ システムズ ウェブサイト新しいウィンドウで開きますをご覧ください。

Get Adobe® Reader®

リサーチ

リサーチメールマガジン

大和総研研究員によるレポートやコラム、書籍・刊行物などの最新情報を適宜お届けします。

ダイワインターネットTV

2016年8月15日
“女性の活躍”に関する情報開示と投資家動向

書籍

ソーシャルファイナンスの教科書―「社会」のために「あなたのお金」が働くということ

金融は本来自分のためと社会のために自分のお金に働いてもらうこと、という考え方を出発点として、地球環境問題や、所得格差などの社会課題解決のために、個人としてできることから、世界の運用業界で注目されているサステナブル投資の潮流などを含め、新たな金融―ソーシャルファイナンス―の在り方について考察していきます。