ESGニュース
九州電力が再エネ接続の回答保留を発表

2014年9月29日

サマリー

九州電力は、再生可能エネルギー発電設備に対する接続申込みの回答を、数か月保留することを発表した。平成26年度からの固定価格買取制度(以下、FIT)の価格改定や低圧敷地分割の設備認定中止措置により、平成26年3月の1ヶ月間で、それまでの1年分に相当する量(約7万件)の太陽光発電設備の接続契約申込みがあったという。その結果、7月末現在で太陽光・風力発電設備の接続量は、接続済分約390万kW、接続契約申込分約870万kW、接続検討分約680万kWとなり、接続契約申込分まで全て接続された場合、接続量が約1,260万kWに達する見込みとなった。これにより、電力需要の少ない春秋の昼間における九州電力管内の消費電力を上回ってしまうことから、電力を安定的に供給することが困難になるための措置とされている。なお、家庭用の太陽光(10kW未満)は措置の対象外となっている。

レポートをダウンロードする

お気に入りへ登録

この記事を「お気に入りレポート」に登録しておくことができます。

このレポートのURLを転送する

  • @

お問い合わせ

PDFファイルの閲覧にはAdobe® Reader®新しいウィンドウで開きますが必要となります。お持ちでない方は、アドビ システムズのウェブサイトから無償ダウンロードができます。
なお、Adobe® Reader®のインストール方法は、アドビ システムズ ウェブサイト新しいウィンドウで開きますをご覧ください。

Get Adobe® Reader®

リサーチ

リサーチメールマガジン

大和総研研究員によるレポートやコラム、書籍・刊行物などの最新情報を適宜お届けします。

ダイワインターネットTV

2016年8月15日
“女性の活躍”に関する情報開示と投資家動向

書籍

ソーシャルファイナンスの教科書―「社会」のために「あなたのお金」が働くということ

金融は本来自分のためと社会のために自分のお金に働いてもらうこと、という考え方を出発点として、地球環境問題や、所得格差などの社会課題解決のために、個人としてできることから、世界の運用業界で注目されているサステナブル投資の潮流などを含め、新たな金融―ソーシャルファイナンス―の在り方について考察していきます。