ESGニュース
議決権行使助言業に関する米国SECラウンドテーブル

2013年12月26日

2013年12月5日に、米国証券取引委員会(the U.S. Securities and Exchange Commission、以下SEC)は、議決権行使助言業に関する意見を聴取するラウンドテーブル(Proxy Advisory Services Roundtable、以下SEC-RT)を開催した(※1)。米国における議決権行使助言業の問題点とそれへの政策対応については、別稿(※2)で記した通りこれまでも様々な調査や検討が積み重ねられてきた。SEC-RTで交わされた様々な意見は、こうした過去の議論の延長線上にあり、新たな見方が示されたわけではなかったものの、機関投資家、投資対象となる上場企業、規制当局であるSECが、議決権行使助言業の在り方について大きな関心を有していることが改めて示されたと言えよう。規制の新設や強化に慎重な姿勢を示すことの多い上場企業や経営者団体が、議決権行使助言業には規制が必要であると論じることへの揶揄もある。しかし、議決権行使助言業者の利益相反の恐れを解消することや、業務の適正さを確保することの必要性については、SEC-RT参加者の間に大きな意見の相違はない。問題は、SECによる規制を用いるべきか否かというところだろう。

議決権行使助言業者としては、利益相反の除去について自主的な開示を行うとともに、業務の正確性を確保する仕組みを作ることで、SECに規制の策定を不要にする方向を望んでいるようであるが、上場企業や経営者団体の懸念を払拭できるかは、なお疑問が残ろう。今後は、規制の要否について更なる検討が積み重ねられるようである。

わが国においては、議決権行使助言業者の影響力や業務の適正さについての関心はあまり強くない。利益相反等の問題があるにせよ、機関投資家に向けて有益な情報を提供しているとして、前向きな活用を検討する意見があることは、(※2)の拙稿で紹介した通りだ。今後のSEC等での議論を参考に、企業ガバナンスにおける議決権行使助言業者の位置づけや機能を考えることも必要だろう。


(※1)SEC “Proxy Advisory Services Roundtable
(※2)「議決権行使助言業者:公的年金による利用?」(ESGレポート2013年11月21日付け)

お気に入りへ登録

この記事を「お気に入りレポート」に登録しておくことができます。

このレポートのURLを転送する

  • @

おすすめ関連レポート

お問い合わせ

PDFファイルの閲覧にはAdobe® Reader®新しいウィンドウで開きますが必要となります。お持ちでない方は、アドビ システムズのウェブサイトから無償ダウンロードができます。
なお、Adobe® Reader®のインストール方法は、アドビ システムズ ウェブサイト新しいウィンドウで開きますをご覧ください。

Get Adobe® Reader®

リサーチ

リサーチメールマガジン

大和総研研究員によるレポートやコラム、書籍・刊行物などの最新情報を適宜お届けします。

ダイワインターネットTV

2016年8月15日
“女性の活躍”に関する情報開示と投資家動向

書籍

ソーシャルファイナンスの教科書―「社会」のために「あなたのお金」が働くということ

金融は本来自分のためと社会のために自分のお金に働いてもらうこと、という考え方を出発点として、地球環境問題や、所得格差などの社会課題解決のために、個人としてできることから、世界の運用業界で注目されているサステナブル投資の潮流などを含め、新たな金融―ソーシャルファイナンス―の在り方について考察していきます。