ESGニュース
ドイツ、2012年のFIT賦課金の見通しを発表

2011年11月18日

ドイツ環境省は10月14日、送電企業4社の報告に基づき、2012年の固定価格買取制度(Feed-in Tariff: FIT)による賦課金が3.59ct/kWhとなる見通しを発表した(※1)。ドイツは2000年に再生可能エネルギー源法(EEG)を施行、電気事業者に再生可能エネルギーによって発電された電力を全量、一定の期間、一定の価格で買い取ることを義務付けるFITを導入した。同制度により、2000年から2010年までに再生可能エネルギーによる発電量は6倍に増え、総発電量に占める割合は17%に達した(※2)。EEGでは再生可能エネルギーの買取コストは電力料金に賦課金として転嫁され、電力の最終需要家が負担する仕組みとなっている。再生可能エネルギーの導入拡大に伴い、2000年から2010年までに賦課金は10倍に増加した(図表)。今回発表された予測によれば賦課金は2012年に2000年比18倍に増える見通しである。

ドイツは7月に原子力法の改正により、2022年までに国内に17基ある原子力発電所を全て廃炉とすることを決定した。再生可能エネルギー導入量の増加は今後も続きそうだ。ドイツの電力料金はEUのなかでも高いため、産業界からはさらなる電力料金の上昇を懸念する声も聞かれるが、2011年の再生可能エネルギー庁の調査によれば、国民の8割がEEG賦課金3.5ct/kWhの水準を許容しているとの結果が出ているという(※3)。日本でも来年7月からFITが導入されるが、国会での審議では賦課金の水準を0.5円/kWhに抑える方針が出された。ドイツの世論調査で挙げられた賦課金の水準は1EUR=110円換算で3.85円/kWhであり、日本で議論されている賦課金の水準を大きく上回る。ドイツではEEGへの世論の支持が、再生可能エネルギーの導入拡大を支えていると言えそうだ。

図表:ドイツにおける電力料金およびEEG賦課金の推移(産業部門)図表:ドイツにおける電力料金およびEEG賦課金の推移(産業部門)
E..on社資料より大和総研作成

(※1)BMU(2011) “EEG surcharge remains stable during strong growth in renewables.”(No.129/11.Berlin, 14.10.2011)
(※2)BMU(2011)Renewable Energy Sources in Figures.
(※3)脚注1参照

お気に入りへ登録

この記事を「お気に入りレポート」に登録しておくことができます。

このレポートのURLを転送する

  • @

お問い合わせ

PDFファイルの閲覧にはAdobe® Reader®新しいウィンドウで開きますが必要となります。お持ちでない方は、アドビ システムズのウェブサイトから無償ダウンロードができます。
なお、Adobe® Reader®のインストール方法は、アドビ システムズ ウェブサイト新しいウィンドウで開きますをご覧ください。

Get Adobe® Reader®

リサーチ

リサーチメールマガジン

大和総研研究員によるレポートやコラム、書籍・刊行物などの最新情報を適宜お届けします。

ダイワインターネットTV

2016年8月15日
“女性の活躍”に関する情報開示と投資家動向

書籍

ソーシャルファイナンスの教科書―「社会」のために「あなたのお金」が働くということ

金融は本来自分のためと社会のために自分のお金に働いてもらうこと、という考え方を出発点として、地球環境問題や、所得格差などの社会課題解決のために、個人としてできることから、世界の運用業界で注目されているサステナブル投資の潮流などを含め、新たな金融―ソーシャルファイナンス―の在り方について考察していきます。