金融資本市場
活力ある金融資本市場に向けて

~焦点は金融資本市場の利用者~『大和総研調査季報』 2016年秋季号(Vol.24)掲載

サマリー

バブル崩壊以降の約四半世紀間、わが国の金融資本市場は活力不足であるとの論調が多く見られた。そのような中で「貯蓄から投資へ」というキャッチフレーズが唱えられ、現預金を中心とした家計資産をリスク性資産へ誘導する施策が取られている。また、経済活性化を図ることを目指し、家計のみならず、機関投資家、企業などの各経済主体にとって使いやすい金融資本市場の実現を図るため、「日本版ビッグバン」以降、様々な改革が進められてきた。

しかし、家計、企業、あるいはそれらを仲介する機関投資家や金融機関が金融資本市場を積極的に活用しなければ、経済の活性化には結びつかない。「日本再興戦略」などにまとめられている近年の施策は、金融資本市場自体の改革から、家計や企業の積極的な行動を促すことに重点が移っている。


大和総研 調査本部が、その長年にわたる知識と経験の蓄積を結集し、経済、金融資本市場及びそれらを取り巻く制度を含め、的確な現状分析に基づき、将来展望を踏まえた政策提言を積極的に発信していくとのコンセプトのもと、2011年1月に創刊いたしました。

レポートをダウンロードする

お気に入りへ登録

この記事を「お気に入りレポート」に登録しておくことができます。

このレポートのURLを転送する

  • @

お問い合わせ

PDFファイルの閲覧にはAdobe® Reader®新しいウィンドウで開きますが必要となります。お持ちでない方は、アドビ システムズのウェブサイトから無償ダウンロードができます。
なお、Adobe® Reader®のインストール方法は、アドビ システムズ ウェブサイト新しいウィンドウで開きますをご覧ください。

Get Adobe® Reader®

リサーチ

リサーチメールマガジン

大和総研研究員によるレポートやコラム、書籍・刊行物などの最新情報を適宜お届けします。

ダイワインターネットTV

2017年10月26日
最近の内部留保を巡る動き

2017年9月22日
中国:収まってきた海外への資本流出