金融資本市場
12月日銀短観から読み解く企業の資金繰り

企業金融関連DIは高水準を維持

2015年12月15日

サマリー

◆日本銀行から全国企業短期経済観測調査(短観)の2015年12月調査結果が発表された。企業金融関連DIは、資金繰り判断DIが前回調査から1%pt高い13%pt、金融機関の貸出態度判断DIが前回調査から横ばいの20%ptであった。借入金利水準判断DIは前回調査から1%pt高い-7%pt(最近)となった。

◆企業金融関連DIからみると企業の資金繰り環境は引き続き良好のようである。企業の業況判断は先行きの見通しが悪化しており、売上高計画も下方修正となっている。今後資金繰りが悪化する可能性があることには留意が必要だろう。

◆現在、信用保証制度の見直しが検討されている。今後責任共有制度の見直しや保証協会の業務の見直しなどが行われる見込みであるが、将来的に中小企業の資金繰りに影響を与える可能性がある。

レポートをダウンロードする

お気に入りへ登録

この記事を「お気に入りレポート」に登録しておくことができます。

このレポートのURLを転送する

  • @

おすすめ関連レポート

お問い合わせ

PDFファイルの閲覧にはAdobe® Reader®新しいウィンドウで開きますが必要となります。お持ちでない方は、アドビ システムズのウェブサイトから無償ダウンロードができます。
なお、Adobe® Reader®のインストール方法は、アドビ システムズ ウェブサイト新しいウィンドウで開きますをご覧ください。

Get Adobe® Reader®

リサーチ

リサーチメールマガジン

大和総研研究員によるレポートやコラム、書籍・刊行物などの最新情報を適宜お届けします。