金融資本市場
ニューヨーク市「責任ある銀行条例」問題

「責任ある銀行条例」は違憲無効との連邦地裁決定

2015年9月1日

サマリー

◆ニューヨーク市は、公金の預金先銀行を決定するに当たり、中低所得者向け融資への取り組みなどを考慮要素とすることを定めた「責任ある銀行条例」を策定しているが、これに対して連邦地裁は、違憲無効との判断を下した。

◆銀行規制に関する立法は、連邦法や州法によるべきであり、市条例での実質的な銀行規制を行うことは認められないという。

◆同様の規制を設ける米国の地方自治体は少なくない。

レポートをダウンロードする

お気に入りへ登録

この記事を「お気に入りレポート」に登録しておくことができます。

このレポートのURLを転送する

  • @

お問い合わせ

PDFファイルの閲覧にはAdobe® Reader®新しいウィンドウで開きますが必要となります。お持ちでない方は、アドビ システムズのウェブサイトから無償ダウンロードができます。
なお、Adobe® Reader®のインストール方法は、アドビ システムズ ウェブサイト新しいウィンドウで開きますをご覧ください。

Get Adobe® Reader®

リサーチ

リサーチメールマガジン

大和総研研究員によるレポートやコラム、書籍・刊行物などの最新情報を適宜お届けします。