金融資本市場
2倍議決権は特効薬か?

懸念を呼ぶ「株主の権利指令」改正

2015年6月9日

サマリー

◆コーポレート・ガバナンスの改善を目指し、欧州では株主の権利指令の改正が議論されている。なかでも欧州委員会の改正案に対し、欧州議会が株式の長期保有を奨励する目的で追加した、2倍議決権の付与が物議を醸している。

◆金融危機の一因となった短期主義を排除し、企業の長期的なパフォーマンスに資することが期待されてはいるものの、一株一議決権の原則からの乖離に機関投資家からは懸念の声が強い。一律の法規制という特効薬を求めるのではなく、時間をかけて企業・投資家間の信頼関係を再構築していくことが長期的な投資行動への変革につながるのではないだろうか。

レポートをダウンロードする

お気に入りへ登録

この記事を「お気に入りレポート」に登録しておくことができます。

このレポートのURLを転送する

  • @

お問い合わせ

PDFファイルの閲覧にはAdobe® Reader®新しいウィンドウで開きますが必要となります。お持ちでない方は、アドビ システムズのウェブサイトから無償ダウンロードができます。
なお、Adobe® Reader®のインストール方法は、アドビ システムズ ウェブサイト新しいウィンドウで開きますをご覧ください。

Get Adobe® Reader®

リサーチ

リサーチメールマガジン

大和総研研究員によるレポートやコラム、書籍・刊行物などの最新情報を適宜お届けします。

ダイワインターネットTV

2016年9月2日
マイナス金利政策導入の銀行への影響

2016年8月4日
アベノミクスで加速する企業ガバナンス改革