金融資本市場
ガバナンス・コードによる政策保有株式開示

株式相互保有解消に向けた開示規定の強化

2014年11月28日

サマリー

◆コーポレートガバナンス・コードにより、上場企業に対しては、株式の政策保有に関する方針や、議決権行使に関する基準の策定・開示が求められそうである。

◆政策保有株式については、既に開示規定があるものの、コーポレートガバナンス・コードは、一層踏み込んだ開示を求めている。

◆株式の政策保有は、企業のガバナンスを弱め、経済の活力を削ぐ一因であると批判されることがある。

レポートをダウンロードする

お気に入りへ登録

この記事を「お気に入りレポート」に登録しておくことができます。

このレポートのURLを転送する

  • @

おすすめ関連レポート

お問い合わせ

PDFファイルの閲覧にはAdobe® Reader®新しいウィンドウで開きますが必要となります。お持ちでない方は、アドビ システムズのウェブサイトから無償ダウンロードができます。
なお、Adobe® Reader®のインストール方法は、アドビ システムズ ウェブサイト新しいウィンドウで開きますをご覧ください。

Get Adobe® Reader®

リサーチ

リサーチメールマガジン

大和総研研究員によるレポートやコラム、書籍・刊行物などの最新情報を適宜お届けします。