金融資本市場
紛争鉱物開示規制の行方

「企業の人権」が焦点に

2014年10月20日

サマリー

◆米国の紛争鉱物開示規則は、憲法適合性が問われており、現在なお不確定な状況が続いている。

◆今年度に紛争鉱物開示に取り組んだ約1300社が負担したコストは、7億ドル以上に達しているとの推計もある。

◆米国上場企業のサプライチェーンに属する日本企業にも紛争鉱物調査の負担は及んでいる。

レポートをダウンロードする

お気に入りへ登録

この記事を「お気に入りレポート」に登録しておくことができます。

このレポートのURLを転送する

  • @

おすすめ関連レポート

お問い合わせ

PDFファイルの閲覧にはAdobe® Reader®新しいウィンドウで開きますが必要となります。お持ちでない方は、アドビ システムズのウェブサイトから無償ダウンロードができます。
なお、Adobe® Reader®のインストール方法は、アドビ システムズ ウェブサイト新しいウィンドウで開きますをご覧ください。

Get Adobe® Reader®

リサーチ

リサーチメールマガジン

大和総研研究員によるレポートやコラム、書籍・刊行物などの最新情報を適宜お届けします。

ダイワインターネットTV

2016年9月2日
マイナス金利政策導入の銀行への影響

2016年8月4日
アベノミクスで加速する企業ガバナンス改革