金融資本市場
農業金融の都道府県別貸出額

農業の復権に向けた金融の役割③

2014年9月17日

サマリー

◆農業に対する融資は、JAバンクと日本政策金融公庫の農林水産事業部門が大半を占める。食糧・農業・農村基本法が目指す農業構造を確立するための長期の制度資金が「農業経営改善関係資金」であり、農業近代化資金、農業経営基盤強化資金、経営体育成強化資金、農業改良資金が該当する。

◆農業経営改善関係資金全体の貸出額(2008~12年度の平均値)を都道府県別に見ると、北海道が最も多く、次いで宮崎、佐賀、鹿児島となっている。九州、東北、北関東などで多い傾向が見られ、三大都市圏では千葉、愛知、兵庫が相対的に多い。農業経営改善関係資金の利用金額の大小は、農業産出額の大小とある程度相関している。

◆農業経営改善関係資金の種類では、農業経営基盤強化資金が最も多い県が大半であり、次いで農業近代化資金となっている。経営体育成強化資金、農業改良資金は相対的に小さい。

◆農業経営改善関係資金の貸出額からは、各県の農業の取り組み状況が垣間見える。このことは、「農業の復権に向けた金融の役割」が少なからず存在していることを示すと考える。

レポートをダウンロードする

お気に入りへ登録

この記事を「お気に入りレポート」に登録しておくことができます。

このレポートのURLを転送する

  • @

おすすめ関連レポート

お問い合わせ

PDFファイルの閲覧にはAdobe® Reader®新しいウィンドウで開きますが必要となります。お持ちでない方は、アドビ システムズのウェブサイトから無償ダウンロードができます。
なお、Adobe® Reader®のインストール方法は、アドビ システムズ ウェブサイト新しいウィンドウで開きますをご覧ください。

Get Adobe® Reader®

リサーチ

リサーチメールマガジン

大和総研研究員によるレポートやコラム、書籍・刊行物などの最新情報を適宜お届けします。

ダイワインターネットTV

2016年9月2日
マイナス金利政策導入の銀行への影響

2016年8月4日
アベノミクスで加速する企業ガバナンス改革