金融資本市場
成長持続に向けた財政投融資の活用

~官民連携強化を促進する財投へ~『大和総研調査季報』 2014年夏季号(Vol.15)掲載

サマリー

2007年~12年頃までの時期は、様々な危機対応に追われた感もあるが、その間もわが国が長期の低迷から脱するための模索は続けられた。歴代の内閣において成長戦略が策定され、インフラ・システム輸出、新規起業促進、医療や農業などの成長産業化などが掲げられ、金融面から促進する手法として、財政投融資の活用が検討されることとなった。

こうした観点から既存の財投機関の役割の再定義がなされ、また、官民連携を基軸とした新たな財投機関の設置が進められている。成熟した社会経済において、老朽化したインフラの更新などの課題とグローバル化した世界での成長実現に向けて、新しい切り口での財政投融資の活用を進めつつあると言えよう。

新たな成長実現に向けて重要となる分野に、中長期のリスクマネーや成長資金の供給拡大を図るため、官民連携を強化した財政投融資の活用を進めていくことは望ましい方向と言える。効果的に財政投融資が活用されるためにはいくつかの留意点があるが、それらを踏まえた上で、今後の財政投融資が使い勝手が良いものになるよう関係者の努力が期待される。


大和総研 調査本部が、その長年にわたる知識と経験の蓄積を結集し、経済、金融資本市場及びそれらを取り巻く制度を含め、的確な現状分析に基づき、将来展望を踏まえた政策提言を積極的に発信していくとのコンセプトのもと、2011年1月に創刊いたしました。

 

レポートをダウンロードする

お気に入りへ登録

この記事を「お気に入りレポート」に登録しておくことができます。

このレポートのURLを転送する

  • @

おすすめ関連レポート

お問い合わせ

PDFファイルの閲覧にはAdobe® Reader®新しいウィンドウで開きますが必要となります。お持ちでない方は、アドビ システムズのウェブサイトから無償ダウンロードができます。
なお、Adobe® Reader®のインストール方法は、アドビ システムズ ウェブサイト新しいウィンドウで開きますをご覧ください。

Get Adobe® Reader®

リサーチ

リサーチメールマガジン

大和総研研究員によるレポートやコラム、書籍・刊行物などの最新情報を適宜お届けします。

ダイワインターネットTV

2016年9月2日
マイナス金利政策導入の銀行への影響

2016年8月4日
アベノミクスで加速する企業ガバナンス改革