金融資本市場
スチュワードシップと議決権行使助言業

利益相反の管理のために議決権行使助言業者の利用が進む可能性

2014年7月28日

サマリー

◆日本版スチュワードシップ・コードでは、資産運用を受託した機関投資家による議決権行使等の際に、委託者である顧客の利益を害する恐れがある利益相反の管理に関する方針を策定して公表すべきとされている。

◆機関投資家の中には、利益相反を回避するために議決権行使助言業者の利用を検討する方針を掲げているところも少なからずある。

◆議決権行使助言業者を利用する機関投資家が多い欧米では、議決権行使助言業者の業務の適正確保も政策課題となっている。

レポートをダウンロードする

お気に入りへ登録

この記事を「お気に入りレポート」に登録しておくことができます。

このレポートのURLを転送する

  • @

おすすめ関連レポート

お問い合わせ

PDFファイルの閲覧にはAdobe® Reader®新しいウィンドウで開きますが必要となります。お持ちでない方は、アドビ システムズのウェブサイトから無償ダウンロードができます。
なお、Adobe® Reader®のインストール方法は、アドビ システムズ ウェブサイト新しいウィンドウで開きますをご覧ください。

Get Adobe® Reader®

リサーチ

リサーチメールマガジン

大和総研研究員によるレポートやコラム、書籍・刊行物などの最新情報を適宜お届けします。

ダイワインターネットTV

2016年9月2日
マイナス金利政策導入の銀行への影響

2016年8月4日
アベノミクスで加速する企業ガバナンス改革