金融資本市場
改訂「日本再興戦略」によるガバナンス改革

コーポレートガバナンス・コード策定と社外取締役活用を推進

2014年6月30日

サマリー

◆再興戦略改訂版では、企業の収益力を向上させるための方策として、コーポレートガバナンスの強化を強調している。

◆東京証券取引所の上場規則の一部として、コーポレートガバナンス・コードが策定される予定だ。

◆コーポレートガバナンス・コードの内容は今後の検討を待たなければならないが、独立取締役設置、取締役など幹部の人事における指名手続き・報酬決定等の透明性確保、経営における監督機能と執行機能の分離、幹部研修のあり方などが盛り込まれるだろう。

◆社外取締役については、米英の制度とかなり異なるところがあるので、我が国の実情を踏まえた検討が期待される。

レポートをダウンロードする

お気に入りへ登録

この記事を「お気に入りレポート」に登録しておくことができます。

このレポートのURLを転送する

  • @

おすすめ関連レポート

お問い合わせ

PDFファイルの閲覧にはAdobe® Reader®新しいウィンドウで開きますが必要となります。お持ちでない方は、アドビ システムズのウェブサイトから無償ダウンロードができます。
なお、Adobe® Reader®のインストール方法は、アドビ システムズ ウェブサイト新しいウィンドウで開きますをご覧ください。

Get Adobe® Reader®

リサーチ

リサーチメールマガジン

大和総研研究員によるレポートやコラム、書籍・刊行物などの最新情報を適宜お届けします。

ダイワインターネットTV

2016年9月2日
マイナス金利政策導入の銀行への影響

2016年8月4日
アベノミクスで加速する企業ガバナンス改革