金融資本市場
2014年株主総会の展望とその後

機関投資家の議決権行使の活発化が予想される

2014年6月6日

サマリー

◆今年の株主総会集中日は6月27日金曜日となるが、集中日に開催する企業の割合は、過去最も低くなる見通しである。

◆昨年に引き続き社外取締役を選任していない企業の経営トップの取締役再任に多くの反対票が出るものと思われる。

◆日本版スチュワードシップ・コードによって機関投資家の議決権行使が劇的に変わるわけではないが、取締役選任議案等でこれまでよりも厳しい態度を示すようになる可能性はある。

◆今後、コーポレートガバナンス・コードの策定も予定されており、機関投資家と企業の対話を促進しようとする政策動向が注目されよう。

レポートをダウンロードする

お気に入りへ登録

この記事を「お気に入りレポート」に登録しておくことができます。

このレポートのURLを転送する

  • @

お問い合わせ

PDFファイルの閲覧にはAdobe® Reader®新しいウィンドウで開きますが必要となります。お持ちでない方は、アドビ システムズのウェブサイトから無償ダウンロードができます。
なお、Adobe® Reader®のインストール方法は、アドビ システムズ ウェブサイト新しいウィンドウで開きますをご覧ください。

Get Adobe® Reader®

リサーチ

リサーチメールマガジン

大和総研研究員によるレポートやコラム、書籍・刊行物などの最新情報を適宜お届けします。

ダイワインターネットTV

2016年9月2日
マイナス金利政策導入の銀行への影響

2016年8月4日
アベノミクスで加速する企業ガバナンス改革