金融資本市場
スチュワードシップ・コードへの対応と受託者責任、社会的責任投資の関わり

重なり合いながらも時に対立する三つの概念

サマリー

◆日本版スチュワードシップ・コードへの参加を表明した機関投資家には、スチュワードシップ責任を果たすための明確な方針を策定し、公表することが求められる。

◆スチュワードシップ責任と受託者責任は、前者が企業価値の向上や持続的成長を促すことに力点を置いており、小さからぬ相違がある。

◆また、社会的責任投資さえ行っていれば日本版スチュワードシップ・コードを実践しているということになるわけではない。

お気に入りへ登録

この記事を「お気に入りレポート」に登録しておくことができます。

このレポートのURLを転送する

  • @

おすすめ関連レポート

お問い合わせ

PDFファイルの閲覧にはAdobe® Reader®新しいウィンドウで開きますが必要となります。お持ちでない方は、アドビ システムズのウェブサイトから無償ダウンロードができます。
なお、Adobe® Reader®のインストール方法は、アドビ システムズ ウェブサイト新しいウィンドウで開きますをご覧ください。

Get Adobe® Reader®

リサーチ

リサーチメールマガジン

大和総研研究員によるレポートやコラム、書籍・刊行物などの最新情報を適宜お届けします。

ダイワインターネットTV

2016年9月2日
マイナス金利政策導入の銀行への影響

2016年8月4日
アベノミクスで加速する企業ガバナンス改革