金融資本市場
異次元緩和政策で供給された資金に変化の兆し

資金循環統計(2013年10-12月期)

2014年3月26日

  • 金融調査部 主任研究員 中里 幸聖
  • 主任研究員 島津 洋隆
  • 金融調査部 兼 調査提言企画室 研究員 太田 珠美

サマリー

◆日本銀行(以下、日銀)より2013年10-12月期の資金循環統計(速報)が公表された。株価上昇などにより、各主体の金融資産残高は概ね増加した。

◆日銀の国債購入は3四半期連続で10兆円台後半の高水準となった。主な売り手は預金取扱機関である。国債売却代金はこれまで日銀当座預金に積み上がっていたが、今回は貸出にも向かっている模様である。貸出残高は政府、企業、個人向けと幅広い範囲で増加しており、資金需要の回復が窺える。

◆事業会社(民間非金融法人企業)による対外直接投資はさらに拡大した。また、企業間・貿易信用がフローベースで過去最大となっていることから、企業間取引や輸出入が拡大している可能性がある。

◆家計の金融資産残高は、前期に続き史上最高値を更新した。株式・出資金については保有残高こそ増えたもののフローベースでは売越しとなっている。買い手となったのは主に海外主体であった。

レポートをダウンロードする

お気に入りへ登録

この記事を「お気に入りレポート」に登録しておくことができます。

このレポートのURLを転送する

  • @

おすすめ関連レポート

お問い合わせ

PDFファイルの閲覧にはAdobe® Reader®新しいウィンドウで開きますが必要となります。お持ちでない方は、アドビ システムズのウェブサイトから無償ダウンロードができます。
なお、Adobe® Reader®のインストール方法は、アドビ システムズ ウェブサイト新しいウィンドウで開きますをご覧ください。

Get Adobe® Reader®

リサーチ

リサーチメールマガジン

大和総研研究員によるレポートやコラム、書籍・刊行物などの最新情報を適宜お届けします。

ダイワインターネットTV

2016年9月2日
マイナス金利政策導入の銀行への影響

2016年8月4日
アベノミクスで加速する企業ガバナンス改革