金融資本市場
国際金融規制のコーディネーター:FSBの役割

金融危機発生から5年。複雑化する金融規制に対して調整力発揮を期待

サマリー

◆本レポートでは、金融安定化に向けたFSB(金融安定理事会)の取組みや役割と国際的な協調枠組みについて概観し、FSBに期待される今後の対応について簡潔に触れる。

◆FSBは、主要25ヵ国・地域の金融当局、国際機関、基準設定主体の代表者から構成される、国際的な金融安定の促進を目的とする組織である。事務局はスイス・バーゼルに所在するBIS(国際決済銀行)内に置かれている。

◆FSBは、国際的な金融規制・監督やその他の金融セクター政策の策定・実施促進を目的に、各国当局・基準設定主体の作業を国際レベルでコーディネートする役割を有する。また、国際機関との協働により、金融システムに影響を及ぼす脆弱性を特定し、対処する役割を担っている。

◆国際的な金融規制改革を巡っては、多くの分野において、個別の規制案の議論が大詰めを迎えつつあり、国・地域での法制化・実施の段階へと入ってきている。このような状況の中、国際合意事項の完全かつ整合的な実施や、規制強化による予期せぬ事態・影響の回避に向け、FSBが担うべき役割の重要性は今後高まっていくものと思われる。

レポートをダウンロードする

お気に入りへ登録

この記事を「お気に入りレポート」に登録しておくことができます。

このレポートのURLを転送する

  • @

お問い合わせ

PDFファイルの閲覧にはAdobe® Reader®新しいウィンドウで開きますが必要となります。お持ちでない方は、アドビ システムズのウェブサイトから無償ダウンロードができます。
なお、Adobe® Reader®のインストール方法は、アドビ システムズ ウェブサイト新しいウィンドウで開きますをご覧ください。

Get Adobe® Reader®

リサーチ

リサーチメールマガジン

大和総研研究員によるレポートやコラム、書籍・刊行物などの最新情報を適宜お届けします。

ダイワインターネットTV

2016年9月2日
マイナス金利政策導入の銀行への影響

2016年8月4日
アベノミクスで加速する企業ガバナンス改革