金融資本市場
みんなのためのインフラ更新と国土強靭化③

人口減少下での重点化・優先順位付け

2013年6月27日

サマリー

◆「国土強靭化」は、防災・減災を強化した国土構想を改めて定め、持続可能な国家機能と社会の構築を図ろうとする概念であり、中心となるのはインフラの強化である。

◆財政制約が厳しく、少子高齢化・人口減少が進行中のわが国では、インフラ強化についても重点化・優先順位付けが必要である。その際、既存インフラの廃止や撤去も検討すべきである。

◆インフラの重点化・優先順位付けを判断するにあたって、最初に考えられるべきは、国民・住民みんなの生命を守る観点であろう。さらに成長戦略の観点、国土構想の観点、実現性の観点などを加えて、総合的に判断し、国土強靭化に資するインフラ更新計画を作成・実行していくべきである。

レポートをダウンロードする

お気に入りへ登録

この記事を「お気に入りレポート」に登録しておくことができます。

このレポートのURLを転送する

  • @

おすすめ関連レポート

お問い合わせ

PDFファイルの閲覧にはAdobe® Reader®新しいウィンドウで開きますが必要となります。お持ちでない方は、アドビ システムズのウェブサイトから無償ダウンロードができます。
なお、Adobe® Reader®のインストール方法は、アドビ システムズ ウェブサイト新しいウィンドウで開きますをご覧ください。

Get Adobe® Reader®

リサーチ

リサーチメールマガジン

大和総研研究員によるレポートやコラム、書籍・刊行物などの最新情報を適宜お届けします。